FJH社新譜 グレン・ミラーさんのビッグバンド譜面 ラッシュライフ社ベイシー濃度




*

こんにちは、アムレスの店長、山崎 代三です。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

国内各地でのコンサートや音楽フェスティバルのニュースを見ているだけで嬉しくなります。

大げさな表現ですけど、音楽、特に生演奏は、その周りにいる人に、生きる喜び、生きる力を与えてくれます。

楽器を演奏できる、歌を唄えるということはそれだけで貴重な能力です。

みなさまには、音楽活動をぜひ続けていただきたく思います。

FJH社 ビッグバンド譜面 新譜

アメリカのFJH社からビッグバンド譜面の新譜が発表されています。

とはいうものの、今回の新譜は、FJH社オリジナルの譜面ではなく、ライアン・フレイリー(Ryan Fraley)さんの出版社である HX社(インディアナ州) の独占販売権を FJH社が得たことによるものです。

ライアン・フレイリー(Ryan Fraley)ご自身が作編曲した楽譜 7タイトルと、ノルウェーの作曲家 ラース・エリック・グディム(Lars Erik Gudim)さんが作編曲した楽譜 2タイトル、合計 9タイトルがカタログに追加されています。

個人的には、バラードの Picasso や The Castle が好みです。

よろしかったらご覧になってみてください。
FJH - 2019 - Year - Big Band catalog - 楽譜の通信販売店アムレス

グレン・ミラーさんのビッグバンド譜面 出版数の順位は?

グレン・ミラー(Glenn Miller)さんは、『ビッグバンドの代名詞』と言っても良いですよね。

私は、映画『グレン・ミラー物語』を観るまでは、大きな偏見を抱いており、基本的にグレン・ミラーさんの音楽を避けていました。

グレン・ミラー物語の製作にはヘンリー・マンシーニさんも参加されているんですよね。

ということで映画『グレン・ミラー物語』はおすすめです!

*

話が終わってしまいそうになりました(汗)

今回はグレン・ミラーさんのビッグバンド譜面の出版数を出版社で分けて調べてみました。

グレン・ミラーさんのビッグバンド譜面 出版数 トップ3
出版社 タイトル数
ラッシュライフ社 LUSH LIFE MUSIC 54
アルフレッド社 ALFRED PUBLISHING 10
ハル・レオナルド社 HAL LEONARD CORPORATION 8


ラッシュライフ社がダントツ!
というか、そもそものタイトル数が少ないですね。

グレン・ミラーさんご本人の活動期間の短さ、そして、先ほどの映画『グレン・ミラー物語』に収録されていた曲、つまり、Moonlight Serenade, Tuxedo Junction, Little Brown Jug, St. Louis Blues, In The Mood, Pennsylvania 6-5000, American Patrol などは知名度が非常に高いのですが、その他の曲の知名度の低さが影響しているのでしょうね。

グレン・ミラー楽団のオリジナル音源からの採譜譜面、アレンジを加えてある譜面などが出版されています。

ぜひご覧になってみてください。
Glenn Miller - Artist - Big Band catalog - 楽譜の通信販売店アムレス


ラッシュライフ社のビッグバンド譜面 ベイシー濃度は?

恒例となりました、ベイシー濃度シリーズ!

今回はラッシュライフ社です。

採譜やアレンジ譜などたくさんありそうですけど、どうなんでしょうか?

まず、ラッシュライフ社のビッグバンド譜面 アーティスト別濃度を発表いたします!

ラッシュライフ社 ビッグバンド譜面 アーティスト別濃度トップ20
濃度順位 アーティスト名 タイトル数 濃度
1 MYLES COLLINS マイルス・コリンズ 266 73.89%
2 COUNT BASIE カウント・ベイシー 64 17.78%
3 GLENN MILLER グレン・ミラー 54 15.00%
4 BENNY GOODMAN ベニー・グッドマン 51 14.17%
5 TED HEATH テッド・ヒース 35 9.72%
6 ARTIE SHAW アーティー・ショウ 34 9.44%
7 ALAN GLASSCOCK アラン・グラスコック 33 9.17%
8 HARRY JAMES ハリー・ジェームス 23 6.39%
9 JON HARPIN ジョン・ハーピン 18 5.00%
10 TOMMY DORSEY トミー・ドーシー 16 4.44%
11 NEAL HEFTI ニール・ヘフティ 15 4.17%
12 RAY ANTHONY レイ・アンソニー 13 3.61%
13 WOODY HERMAN ウディー・ハーマン 9 2.50%
14 JERRY GRAY ジェリー・グレイ 8 2.22%
14 PEREZ PRADO ペレス・プラード 8 2.22%
16 BILLY MAY ビリー・メイ 7 1.94%
16 GENE KRUPA ジーン・クルーパ 7 1.94%
16 SY OLIVER サイ・オリヴァー 7 1.94%
19 BOB MARTIN ボブ・マーティン 6 1.67%
19 LES BROWN レス・ブラウン 6 1.67%


ここに名前が入っている、マイルス・コリンズさん、アラン・グラスコックさん、ジョン・ハーピンさんは出版社のアレンジャーさんです。

で、肝心のベイシーさんは、第2位 17.78% です!

ベイシー濃度 18%って、高いですね~。

ラッシュライフ社の譜面は、出版社の説明に transcribed(採譜) の記述があっても、編成や難易度を調整してリアレンジしてあることが多いのですが、それにしてもベイシーさんのタイトル数 64 も多いですね。

ラッシュライフ社のベイシー愛を感じます(^^)。

*

ラッシュライフ社からは、ベイシーさんの譜面以外にも、スウィング時代のビッグバンド譜面が数多く出版されています。

ラッシュライフ社のビッグバンド譜面はこちらからご覧ください。
Lush Life - Publisher - Big Band catalog - 楽譜の通信販売店アムレス

あとがき

10月1日からの税制変更で、国内のインフラシステムが止まるような大事が起こらず、ホッとしています。

消費税率が上がるだけではなく、軽減税率の導入、そして、消費税増税による景気悪化への各種対策など、今回の税制変更は法人個人を問わず、だれにとってもシステム変更の負荷が大きく、内心、ヒヤヒヤしておりました。

記事本文に書き忘れましたが、今週は、オンラインショップの 営業カレンダーと カテゴリー・ツリー をほんの少し変更しました。

セールは来週か再来週から始められそうです。

これからもよろしくお願いします。

楽譜の通信販売店アムレス
店長 山崎 代三







コメント

TOP Button

TOP